セブン・ホーム&オフィス

こんな方におすすめ

    • 遠近両用レンズや室内用レンズをお使いの方で、加入度が強め(2.50D以上)の方に
    • 遠近両用レンズでパソコンをすることが辛くなってきた方に
    • 室内で過ごす時間が長く、今よりもっと楽なピント合わせをしたい方に

ニコン眼鏡レンズ70周年記念モデル「ニコン セブン」シリーズから、室内空間快適レンズ登場。

ご使用のメリット

  • 室内で快適なピント合わせ
  • ライフスタイルに合わせて3つのタイプから設計を選べます
  • 室内空間を快適に見渡せます
  • 初めての方でもすぐに慣れます

室内で快適なピント合わせ

室内空間快適レンズは、お手元から室内距離が快適に見えるレンズです。
オフィスや家事など室内生活で自然な見え心地をお届けします。

<p><b>手元の資料やパソコンを見ながら、少し先のボードを使った会議で<br />スムーズなピント合わせができます。</b></p>

手元の資料やパソコンを見ながら、少し先のボードを使った会議で
スムーズなピント合わせができます。

<p><b>料理をしながら、レシピやテーブルも見えます。<br />
お掃除など家事全般で室内空間を快適に過ごせます。</b></p>

料理をしながら、レシピやテーブルも見えます。
お掃除など家事全般で室内空間を快適に過ごせます。

ライフスタイルに合わせて3つのタイプから設計を選べます

ライフスタイルに合わせて3つのタイプから設計を選べます


  • 室内空間を快適に見渡せます

    室内空間の視野・視線を考慮した度数配分で、手元から数メートル先の室内空間がラクに見渡せます。

  • 初めての方でもすぐに慣れます

    遠近両用レンズと比較して、ユレ・ゆがみが少なくとても慣れやすいレンズです。

室内空間を快適に見渡せます

室内空間の視野・視線を考慮した度数配分で、手元から数メートル先の室内空間がラクに見渡せます。

初めての方でもすぐに慣れます

遠近両用レンズと比較して、ユレ・ゆがみが少なくとても慣れやすいレンズです。

1. 広い中間~手元視野

メガネレンズを最適化するニコンの光学エンジン(NODE)によって、注文を受けてから1枚いちまい個別に設計するレンズです。ユレ・ゆがみが少ないため慣れやすく、室内で快適な見え心地をお届けします。
お手元から中間距離が広く見えるレンズ。室内で使うやすくラクなピント合わせができます。(遠くの視野はややぼける傾向があります)

  • 遠近両用レンズ
    ニコン セブン

  • 室内空間快適レンズ
    ニコン セブン・
    ホーム&オフィス

  • 近用ワイドレンズ
    ニコン セブン・ソルテス

※収差1.00D以下の領域を通して、遠方は5m先、中間は50㎝、近方は40㎝を見た場合。
(遠近両用レンズは加入度2.00D、セブン・ホーム&オフィスはスタンダードタイプ加入度2.00D、セブン・ソルテスはタイプ2の見え方イメージ)

1. 広い中間~手元視野

メガネレンズを最適化するニコンの光学エンジン(NODE)によって、注文を受けてから1枚いちまい個別に設計するレンズです。ユレ・ゆがみが少ないため慣れやすく、室内で快適な見え心地をお届けします。
お手元から中間距離が広く見えるレンズ。室内で使うやすくラクなピント合わせができます。(遠くの視野はややぼける傾向があります)

遠近両用レンズ
ニコン セブン

室内空間快適レンズ
ニコン セブン・
ホーム&オフィス

近用ワイドレンズ
ニコン セブン・ソルテス

※収差1.00D以下の領域を通して、遠方は5m先、中間は50㎝、近方は40㎝を見た場合。
(遠近両用レンズは加入度2.00D、セブン・ホーム&オフィスはスタンダードタイプ加入度2.00D、セブン・ソルテスはタイプ2の見え方イメージ)

2. 自然な姿勢で楽なピント合わせ

お手元を見るための度数(加入度)が強くなると、遠近両用レンズでは中間距離(50cm)前後が見にくくなってきます。パソコン画面の距離がちょうど中間距離にあるため、パソコン作業で不自由を感じるようになります。また、加入度が強くなるに従い、近方も狭くなります。遠近両用レンズではパソコン画面が見にくい、近方が狭くて使いづらいとお感じであれば、室内空間快適レンズをお使いいただくと、より作業が快適になります

室内空間快適レンズなら、中間から近方を楽に広く見ることができ、長時間のパソコン作業も快適です。

ユーザーレポート

≪ 手元がはっきり見えて、相手の顔もはっきり見える。これで絶対に間違いが許されない仕事の現場でも安心です。 ≫

記事はこちら