ページのトップへ

裸眼のような自由な見え心地 遠近両用レンズとは思えない慣れ易さ

ページのトップへ

ページのトップへ

スタンダードグレードで、ゆがみの少なさを実現。
遠くも近くもスッキリ見えて、気持よく使える、初めての遠近両用レンズ決定版です。

サイクロン設計が取り入れたニコン独自のテクノロジー
収差フィルター面 綺麗にピントを合わせるレンズこそが、ニコンが求める理想のレンズです。それは「収差」と呼ばれるピントのぼやけを可能な限り取り除き、美しい画像を作る技術。カメラレンズでは複数のレンズを組み合わせることで視野全域の収差をコントロールし、綺麗な結像を得ることができます。一方、メガネレンズでは、たった1枚ですべてを解決する必要があります。そこで、ニコンが到達した結論。それが、ニコン収差フィルター面という技術です。
一般的な遠近両用レンズ   ニコン AIエントリーAIエントリー
AIエントリー AIエントリー
※S0.00D、加入度2.00D、収差1.00D以下の領域で比較 ※一定条件でのシミュレーションです。
実際の見え方は、お客様の視力やレンズの度数、またフレームのフィッティング状態によって変化します
※写真はイメージです

ページのトップへ

お選びできる仕様は以下になります

累進帯
12mm 14mm
 
屈折率
1.60 1.67 1.74
 
コーティング SNR SNS SND CRFUV CREUV ECC

株式会社 ニコン・エシロール