ニコンレンズ ユーザーレポート 第5回MC/ナレーター編 室内空間快適レンズH&O 

ニコン100年の技術を礎に。
高い光学性能と快適な見え心地を追及したニコンのメガネレンズを、様々な分野でご活躍されているプロフェッショナルにお試しいただき感想をお伺いするユーザーレポート。

第5回は、司会やナレーターとして幅広い分野でご活躍されている大下絵美さんにご協力いただきます。大下さんは、MCとして式典や記者発表、企業のイベント、セミナーなどからTVやラジオ番組のご出演まで、幅広いメディアや業界でお仕事をされています。
この度は、2018年3月7日にニコン・エシロール主催の一般参加型イベント「ビジョン・スムージー・ワゴン」でMCを務めていただいたご縁で、レンズをお試しいただき感想をいただくことになりました。
「ニコンメガネ」で検査とカウンセリングを受けていただいた結果、選んでいただいたレンズはニコンの室内空間快適レンズH&Oです。



『手元がしっかり見えて、相手の顔もはっきり見える。これで絶対に間違いが
 許されない仕事の現場でも安心です』

大下絵美さん
大下絵美(48歳)

MC/司会者としてのキャリア:
オリコンCD年間ランキングDVD年間ランキング発表会/光岡自動車プレス発表会/キャノン全国ビジネスパートナー会表彰式/キャノングランドサミット表彰式/ヤマトグループ記念式典/EVE STAGE/ミキモトコスメティックストークショー/久光製薬アレグラFX新CM発表会/サッポロ麦とホップ The gold新CM発表会/バレエスタジオリリア発表会/松屋銀座松美会/富士急ハイランドプレス発表会/資生堂TSUBAKIヘアケアセミナー/ミキモトグランドフェア/防災フェア/日野市環境フェア/コベルコ秋の大展示会/東京都食育フェア/ベストデビュタント・オブ・ザ・イヤー/三井住友銀行感謝の夕べ

大下さんのレンズと度数:
HODUO160-S22ECC
R)S+0.25 C-0.50 AX65 ADD 1.50 PD31 
L)S+0.25 C-0.50 AX105 ADD 1.50 PD31

Q.今回、司会を務めていただいたイベントは広く一般の皆様に累進レンズをご紹介するためのイベントでしたが、今まではどんなメガネをご使用になられていましたか?

A.実は視力は子供のころからとても良くて、両方とも1.50。良く見えない、ということがどういうことかわからなかったくらいです。
なのに、41~42歳ごろだったかな?見え方に違和感を感じるようになったんです。当時使っていたガラケーの小さい文字が見えなくて、デフォルトの文字設定が大きすぎたみたいで、友達に指摘されたりしました。ちょうどその頃、たまたまメガネ関係のお仕事をしたのがきっかけで、老眼鏡を作ってみました。それが生まれて初めてのメガネです。ただ、手元の文字は見えやすくなったのですが、ふと顔をあげると相手の顔はぼやけて見えるんです。あと、どうしても耳や鼻の違和感、鼻に痕が残るのが嫌で、どうしても細かい文字などを読み必要があるときだけ、老眼鏡を使っていました。そんな時に、ニコンのイベントのお仕事の話があって。累進レンズを試しにかけさせていただいたら、手元の文字がしっかり見えるし、顔をあげても相手の顔もはっきり見える。これだ!と思いました。

Q.今までは、お仕事中、どんな時に不便を感じらていたのでしょうか?

A.最初は、仕事でたまに老眼鏡をかけると、「イメチェン?」などと言われたりするし、鼻に残る痕も気になるので、公の場では使っていなかったんです。でも、シンポジウムや講演会など、非常にフォーマルな会でのお仕事だと、アドリブのトークではなく、きっちり決まった司会進行が求められます。ミスのないように、もれなく情報をお伝えするには、やはりメモを見ることが必要です。また政府や皇室関係の方が列席される式典など、名前の読みが難しかったり憶えにくいうえに、名前を絶対に間違えるわけにはいかないとき、どうしても、メガネが必要になってきました。で、メガネをかけると、手元の文字は見えても、人の顔や表情まではしっかり見えないので、非常に不便を感じていたんです。

Q.今回、新しく老眼鏡ではないメガネを作ってみて、どうでしたか?

A.以前に老眼鏡をつくったときよりもニコンメガネでは細かくいろいろチェックをして、詳細な検査をしていただきました。また、見え方を体験、比較させてもらって、自分にぴったりの1本を一緒に選んだような感じでした。結果として、今まで困っていた部分を解消できる、満足のいくメガネを作成できてとても良かったです。説明も詳しく、わかりやすかったです。両サイドの見え方が今までとは変わることなども説明していただいたり、累進の使い方、視線の動かし方なども教えていただいていたので、スムーズに新しいメガネの見え方に慣れることができました。最近は、仕事場でメガネをかけることも増えてきて、「メガネで知的なキャラづけするのもいいんじゃない?」と言われたりして、それもいいかな?と思ったりしました。(笑)

大下絵美さん
大下絵美さん

Q.使ってみるまでは、老眼鏡でいいかな、と感じられていたわけですが、実際に使ってみて、ご意見は変わりましたか?

A.そうですね、、、、今は、この新しいメガネがなくなったら困りますね。作る前は、老眼鏡でいいや、と思っていたけど、使ってみたら、やはりないと困るシーンや、あると便利なケースがあることに気が付きました。たまたまご縁で、累進レンズを皆さんにご紹介するお仕事をさせていただきましたが、まだまだ、あまり一般に知られていないみたいで、私も微力ながら、皆さんに情報をお伝えする助けができればと思い、ユーザーレポートに協力させていただきました。周りで見えづらくて悩んでいる同世代の友達にもぜひ薦めたいです。

 
大下絵美さん
大下絵美さん

ページトップへ戻る