Nikon

株式会社ニコン・エシロール

 

テクノロジー > 新開発・パーソナルチューニング

遠くから、パソコンやスマホなど日常で見る機会の多い中間距離に、
ラクな視線でスムーズにピント合わせができます。

遠くから、パソコンやスマホなど日常で見る機会の多い中間距離に、ラクな視線でスムーズにピント合わせができます。

通常の遠近両用レンズの場合、老眼が進んで手元を見るための度数を上げると、ピント合わせに大切な中間距離が見える領域が小さくなる傾向があります。
メガネの下部にある狭いエリアを使うため、不自然な視線を強いられたり、ちょっとしたものを見るのにもピント合わせが素早くできないことがあります。
センチュリーAIでは、加入度数が大きくなるのに従い、中間領域を目に近づけて縦幅を広げることで、加入度が大きくなっても、自然な視線でラクなピント合わせができます。
遠近両用レンズの課題であった中間距離の見やすさを改善し、素早いピント合わせを実現しました。