Nikon

株式会社ニコン・エシロール

 

テクノロジー > ニコン収差フィルター面
綺麗にピントを合わせるレンズこそが、ニコンが求める理想のレンズです。それは[収差]と呼ばれるピントのぼやけを可能な限り取り除き、美しい画像を作る技術・カメラレンズでは複数のレンズを組み合わせて、収差をコントロールし、フィルム上の隅々まで綺麗な結像を作り出します。一方、メガネレンズでは、たった1枚ですべてを解決する必要があります。
そこで、ニコンが到達した結論。それが、ニコン収差フィルター面という技術です。